シルクサスペンション

シルクサスペンションはニューヨークにあるスタジオPilates on Fifthで生まれたプログラムです。「スリングセラピー」や「レッドコード」と呼ばれるノルウェーの理学療法の治療手技として行われていたエクササイズを発展させて作られたファンクショナルトレーニングです。
silk12
サスペンションを用いてトレーニングを行うことで不安定な環境の中で安定するために必要な筋肉、特に身体の深層にある筋肉が活性化します。神経と筋肉に働きかけることができるため、使われていなかった筋肉に刺激が入り、眠ってしまっていた筋肉を目覚めさせます。神経筋に働きかけるために、短時間でよりよい効果が期待できるのもシルクサスペンションの特徴です。

サスペンションのハンドルを手に持ったりスリングを足につけて運動を行うため、感覚のフィードバックが入りやすく、また動きの方向がわかりやすいために可動範囲も広がります。いつも行っているピラティスの動きがわかりやすく、さらに効果的になります。silk15

シルクサスペンションは元々リハビリから生まれたものであるため、強度を下げることも高めることもでき、個人の状態に合わせてトレーニングを組むことができます。関節を安定させるために必要なローカルマッスルへの働きかけはもちろん、全身を連動させて動かすダイナミックな運動も行えます。

楽しくて、身体の内側から機能を改善することのできるファンクショナルトレーニングが行えるシルクサスペンション、体験してみたい方はぜひ、お問い合わせください。silk8

お問い合わせはこちらから

silk10