リハビリ後の方

捻挫や骨折、手術後のリハビリを卒業した方、腰痛や膝の痛みなどで病院にかかっていた方の再発予防のためのセッションを行っています。

元々ピラティスは第一次世界大戦の負傷兵へのリハビリから始まりました。ピラティス氏はベッドにスプリングを取り付け、横になったままスプリングの抵抗を利用してエクササイズを行えるようにしました。これがキャデラック、リフォーマーと呼ばれるピラティス専用のマシーンの始まりでした。

体にかける負荷を自由に調節することができるので、怪我をされた方・お年寄りの方から筋力の強いスポーツ選手まで、それぞれにあったエクササイズを行うことができます。

症状が落ち着いたと思っていても繰り返してしまう痛みは身体の使い方や姿勢の悪さから来るものも多くあります。痛みの根本にアプローチをし、安全かつ効果的に身体全体のバランスを整えることで怪我や痛みの再発を予防することができます。
DSC_4368