インストラクター紹介

ラジカスキー(川原)万由子
理学療法士・ピラティスインストラクター・フランクリンメソッドエジュケーター 
インストラクター
2004年 広島大学医学部保健学科理学療法学専攻卒業
    理学療法士免許取得
    医療法人名圭会 白岡整形外科入職
2008年 BASI認定ピラティスインストラクター
    Comprehensiveコース修了
2014年 フランクリンメソッドプロフェッショナルトレーニング
    level1修了
2015年 Dance Medicine Practicum module1,2修了 (NY)
    Pat Guytonコンサバトリー ユニット1(チェア)修了
    Marie-Jose Blom コアインテリジェンス修了
2016年 4月より東京大学大学院 総合文化研究科 身体運動科学研究室 所属

整形外科でのリハビリテーション業務に携わり、症状そのものの改善のみではなく、怪我の根本的な原因を改善することの大切さを知る。 美しい動きの探求からダンスに興味を持ち、Harkness Center for Dance Injuries(米国)にてダンス医学を学ぶ。
New York City BalletやMovements a footの理学療法士がリハビリにピラティスを用いており、その症状の根本にアプローチをする考え方に自分のリハビリに対してのスタンスと共通項を見つけ てピラティスを習得する。人をホリスティックに捉え、健やかな生活のために個人に最適なセッションを行っている。

活動履歴

2008年より某高校バレー部 ピラティス指導。県大会優勝
2010年 バレエ講師のための解剖学セミナー講師
2012年 第3回日本ダンス医科学研究会 シンポジスト
   「ダンサーのヘルスケアを支える」~理学療法の分野から~
2014年 ピラティスワールド、名古屋WS  Pat Guyton 通訳
2015年 ピラティスフェスティバル Pat Guyton 通訳
2016年 芸術家のくすり箱「ダンサー・バレエ団公演サポート」、ミーティング登壇
   ピラティスリーダーシップコンセプト Marie-Jose Blom 通訳