Physical Artsについて

Physical Artsはピラティスをベースとしたコンディショニング・スタジオです。
これは、体の状態を整え、ピラティスの動きを通してコンディショニングを行っていくという意味を示しています。

例えば、腰が痛いとき。
PhysicalArtsでは、まずどういう時にどのように腰が痛むのかをお伺いします。デスクワークをしている方とアスリートの方ではその原因や症状は全く異なります。
原因を探り、状態を見させて頂いた上で、次に固くなった筋肉を解し、骨のアライメントを整える(骨の歪みをなおす)為にマッサージその他をします。
このようにコンディショニングを行ってから、より体に負荷のかからない使い方を覚える為のトレーニングを行います。

整体やマッサージでは、体の歪みを取り除きます。しかしそれだけでは体が整った状態は長続きせず、体の不調を繰り返すことになります。
また、多くのピラティススタジオでは、調整を行わずにピラティスを行います。
体が使いやすい状態になっていない状況下では、折角行ってもアンバランスなトレーニングになってしまいます。
調整だけでも、トレーニングだけでも、体の問題は解決されません。

ピラティスを行いながら、その癖を、また、癖だけではなく、体を理解し、体の使い方をなおしていく。自分の体に対する理解を持ち気づきを持つ。
マッサージを受けるだけでは、一時的に体は楽になりますが、根本的な解決にはなりません。根本的な解決方法の一つは姿勢を変える事です。自分の体をコント ロールするのは自分です。その為には、自分の体の事を良く知る必要があります。体を動かしながら、体に負荷のかからない使い方を覚え、能動的にコントロー ルする。自分の体の変化に気づいてあげて、それに対応していく。
スタジオでのトレーニングだけではなく、生活の中に取り入れる。そうしてより快適に生活を送り、アスリートの方にはパフォーマンスの向上を図る為のサポートを、Physical Artsでは行っています。